フレッツ光の転用のキャンセル理由

光コラボレーションの転用で申し込んだ事業者をキャンセルしたい場合は転用の切り替えが完全に完了する前であれば可能ですのでキャンセルしたい場合は早めにしましょう

リサーチしてみると転用の申し込みのキャンセル理由に多いのが電話セールスや訪問セールスなどがあって完全に理解しないままにその場の勢いでついつい申し込んでしまったというケースが多いようです

結局後から冷静に考えてみると転用するのをキャンセルしたくなるようです

一つの例を挙げると現在使用しているプロバイダーの事業者が光コラボレーションに対応していないので光コラボレーションに転用する場合はプロバイダーを変えなければならずそうなったらメールアドレスが変わるのでそれが嫌だと言うまた

それからプロバイダーを解約するとなると解約金が発生してしまうのでそうなってしまうと転用してもメリットがないからというパターン

特にプロバイダー変更の場合は現在のプロバイダーの契約内容と違約金のことについても事前にチェックしておくことが必要です

光コラボレーションで人気があるプロバイダ事業者というのは docomo 光と SoftBank になりますね

もしも自分のスマートフォンや携帯電話がいずれかのキャリアに加入しているなら光コラボレーションとセットでまとめることでかなり割引を受けられます

フレッツ光 転用 ドコモ光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です